2017年12月13日水曜日

東ドイツのクリスマスマーケット

ドイツ旅行ではいくつかのクリスマスマーケットをまわりました。中でも東ドイツのマーケットは品があって気に入りましたので、少しご紹介します。

2017年は11月27日頃からマーケットが開催されましたが、この季節はすぐ日が暮れてしまいます。16時には夕方になり、17時には真っ暗です。
特にこの1時間の間が黄昏時でロマンチックだなと思います。
レースオーナメントのお店
1400年から続く、ドイツ最古のクリスマスマーケットとして有名なドレスデンのお店です。ブラウエンのレース細工を売っています。屋根の飾りはどのお店もモミの木の葉で覆われてデコレーション。とっても可愛らしいです。
レープクーヘンのお店
このお店はレープクーヘンという、スパイスの効いたクッキーのようなお菓子を売っています。カラフルなハートが沢山吊ってあるのが見えるでしょうか?このアイシングクッキーのようなものが、デコ版レープクーヘンです。紐が付いていて、首から下げるのです。
ドレスデンの夜
夜(といっても17時です)はツリーや巨大ピラミッドがいっそう華やかにライトアップされます。上の風車は回るんですよ!15分おきに教会から鐘が鳴り、おごそかな雰囲気です。周囲は0度ですが、これからどんどん人が集まって混雑してきます。

ベルリンのジャンダルメンマルクト
上はベルリン一優雅と言われる広場のクリスマスマーケットです。なんと有料です!でも、会場内ではコンサートあり、暖房の効いた中型の屋内マーケットありで、ゆったり過ごす事が出来ました。後ろのフランスドームもライトアップされます。

魔法横丁?!
ガイドブックにほとんど載っていませんが、ライプチヒも有名なマーケットです。通り沿いにずらっとお店があるので、とても賑やかです。この一角はハリー・ポッターのダイアゴン横丁風のお店でまとめられています。全部飲み屋です(笑)。

日中も4度くらいしかならず寒いですが、ワクワクした気持ちになれるひとときでした。沢山写真を撮ったので、いずれ絵皿にしたいと思います。

2017年12月8日金曜日

KPMアンティークショップへ

Sabet Antiques入り口
今回ベルリンに来た最大の目的である、Sabet Antiquesをご紹介します。6月の個展でご案内葉書にあったアネモネの絵皿は、KPMアンティーク作品の模写です。かねてから、実物を見てみたいと思っていました。
模写の元になった本のページ。予備用として2冊持ってます
色々なご縁に恵まれて、ついに元になったアンティークを所有しているハッサン氏のプライベートコレクションを拝見する事が出来ました。

勢揃い!!!
いやもう。圧巻の一言です!!絵は勿論、状態も素晴らしい・・・!主に美術館等をお取引先にされているだけあって、アンティーク店というよりは美術館です。表紙になっている花瓶が右奥になるのがご覧いただけるでしょうか。実は胴回りがくるくると回ります。
ベルリン来て良かった!!
KPMのご本に載っている作品が、ずらーーーーーっと2部屋に揃っています。ご本も素晴らしいのですが、やはり実物は格別。淡く軽やかなタッチが際立っていました。
ついに元になった作品と対面
ついに!私が模写した作品と対面です!じーん・・・まさか本当に目に出来るとは。印刷では解釈しきれなかった部分も、じっくり拝見出来ました。
持ち主のハッサン氏と一緒に
2時間にもわたり、単に見学に来た私をご案内下さったハッサン・サベット氏。本当にありがとうございます!まさしく世界一のKPMコレクションです。素晴らしい作品の数々から、多くの事を学んで帰りました。

*ご紹介した部屋はプライベートなコレクションルームで、Sabet Antique店内ではありません。また、掲載に関してはハッサン氏の了承を得ています。

貴重なKPMが収録されたご本ですが、今後amazonで販売する事は無いそうです。直接、Sabet antiqueのウェブサイトから購入されるか、KPMベルリン工場内にある売店で取り扱っています。2万円近いですが、その価値が十分ある本です。
ドイツ語はわかりにくいので、翻訳ツールで英語にすると分かりやすいです。現在レッスンに通われていて、教室での引き取りが可能な生徒さんは代理購入致しますのでご相談下さいね。

http://sabet-antik-berlin.de/buch/





2017年12月7日木曜日

ベルリンKPM

無事帰国しました。ドイツ滞在中にブログをアップ出来なかったので(何と写真が投稿出来ませんでした)、少しずつご紹介していきます。
KPMベルリン工場
フランクフルトからベルリンへ国内線で飛び、まずはKPMへ。ベルリン中央駅から2駅+徒歩5分で着きます。入り口の喫茶店で英語のツアーガイドを申し込むと、イヤホンをもらえます。
工場内の展示物
工場内には時代ごとのKPM作品が飾られています。正直、華やかなものは少ないです。きっと、めぼしい品は納品してしまったのでしょう・・・。絵付けのデモコーナーもありました。半月前に4名以上で申し込むと、絵付け体験も出来たそうです。
アウトレットコーナー!!!
出ました、アウトレットコーナー!それでも高いよKPM・・・1枚も買いませんでした。画面上の2階には定価の商品があります。
ここで耳より情報です。2階のショップで「工場のパンフレット(本)は無いか」と言うと、大変立派な本を無料でいただけます。工場内に展示してある作品全てが網羅されているので、撮影する必要が無いくらいです。
あまりおおっぴらに進呈したくないらしく、見本はどこにも置いてありません。
工芸館のKPMコーナー
もう1つ、ベルリンでお薦めはポツダム広場にある工芸美術館のKPMコーナーです。ごく初期のKPM作品や、立派な作品を見る事が出来ます。

とても大きな花瓶です!
ごく初期のKPM
まるでカメオのような立体感です
他にも様々な美術館があるのですが、限られた時間内にとてもまわれなかったです。次回はもっと時間を作ってベルリンを再訪したいと思います。